清潔感・純粋・始まりのイメージがある【白】は最強のモテ色であり、ファッション・美白・ホワイトニングは最強な第一印象。好印象を与えるなら”白”を目指せ。

白は最強。

くらし

頭の中を真っ白にするーマインドフルネスー

更新日:

プラス思考になることがゴールではない

マインドフルネス

マインドフルネスは、どんなことがあってもプラスで考えよう、ポジティブになろうといった事ではありません。

あらゆる出来事はとらえ方によって、考え方によって変わるものであり個人差もあります。
どのような事態になっても前向きでいるのは難しく、心の負担になります。

瞑想=マインドフルネスではない

マインドフルネスが瞑想と同じというよりも、マインドフルネスな状態になるためには、瞑想することがとても効果的だという方が正しいでしょう。

私達の脳はあっちこっち色んなことを考えています。だいたい、妄想だったり過去だったり未来だったり不安や心配だったりします。
少しでも不安があったらそれを大きくしたり「こうなったらどうしよう」とか「ああなったらどうしよう」とか考えながらYouTubeとかを見ていると急に集中しだしてYouTube動画をひらすらみて、どんどん思考がボーっとして、結果何もなかったような時間を過ごしてしまいがちです。

まずその忙しい思考回路を穏やかにするために「瞑想」がありますが、それがマインドフルネスというわけではありません。

マインドフルネスは、「状態」のことをあらわします。

とにかく忙しい私達の頭の中

私達は常に何か考え事をしています。それも無意識のうちに。
つい気になっていることが堂々巡りで何度も何度もリピートしてしまっています。

特に嫌なことや嫌な人、自分と合わない人やどちらかというと嫌いな人、上司、クライアント、要するにかかわりたくない人や事柄を考えがちです。

そして「こうなったらどうしよう」「こうなったらいやだな」と、さらに妄想がそれらを大きくしてしまいます。

大半はよく言われているように、日頃から心配している妄想はほぼ起こりえなかったりします。
それなのに、やはり妄想なので、勝手に大きく勝手にマイナスに考えているだけだったりします。

色んな未来を、取り返せない過去を考えて「ああすれば良かった、こうすれば良かった」「ああなったらどうしよう」「こうなったら嫌だな」と、それはそれは忙しく過去→未来→過去→妄想→未来・・・・・と激しく行ったり来たりしています。

 

マインドフルネスは「今に集中すること」

過去を悔んだり、未来をマイナスに考えたりすることは当たり前なのです。

それは中々やめよう!と思っても「習慣」になってるので止まりません。無心になることがとても難しいのです。
何も考えずにいようと思っても、何かが思い浮かんできます。

マインドフルネスは、あっちこっちいってる思考を今やっていることに集中する、意識を向ける事です。

例えば散歩するのであれば、まさに散歩することだけに集中。瞑想というのはその最たるものですが、余計な事を考えず、「今」に意識を向けることです。

 

私達は毎日やたらと忙しく、ままならない世の中なので常に不安とストレスの中で生きています。妄想してしまうのは当然でしょう。
それでも将来のことを案じても、過去のことを悔やんでも現実起こりえたことを受け止めるしかないのです。

それは「諦める」というより一寸先は何が起こるかわからないので、色々妄想しても仕方がないのです。

今現在(2020年4月)は緊急事態宣言が出ています。オリンピックが日本で開催されることが決まった時にまさか延期になるだなんて誰が予測したでしょうか。

そして令和2年になって今現実で起きていることを誰が予測したでしょうか。

これからはさらにこのような「マインドルフネス」の意識が必要になってくるかと思います。まずは今やっていることに意識を向けて過去や未来に生きるのではなく「今」一瞬一瞬を大切に生きることを心掛けたいものです。

-くらし

Copyright© 白は最強。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.